HOME → 上田八木レポート/取引のご案内/インターバンク営業部
インターバンク市場取引

コール取引

コール市場は、元々、銀行間の資金繰りを調整し合う場として成立・発展した、わが国で最も歴史のある短期金融市場です。「コール」は英語の「呼べば返ってくる」(call)から名付けられており、期間1年以内の資金を融通し合っています。

無担保コール
短期金融市場の自由化・国際化が進む中で、1985(昭和60)年に開始された担保を必要としない資金取引です。無担保コールオーバーナイト物の加重平均金利は、現在の量的・質的金融緩和政策以前では、金融市場調節の主たる操作目標となっていたことから、現在でも短期金利の指標として重要視されています。
有担保コール
弊社創業者の上田要が発明した、安全性の高い担保付の資金取引です。取引方式は、大きく分けて「ディーリング方式(短資会社が取引当事者となる)」と、「ブローキング方式(短資会社が取引の媒介を行う)」の二つがあります。
日中コール
日中コール取引は、日をまたがないコール取引であり、主に、日中における入出金の時間差や外為円決済、全銀決済等の民間集中決済資金の不足を補うために行われます。
インターバンク営業部

TEL:03-3270-1711