HOME → 上田八木レポート/取引のご案内/証券営業部
証券営業部

証券営業部

債券レポ取引は、「現金担保付債券貸借取引」市場として、1996(平成8)年4月にスタートしました。当該取引は、主に日本国債を取引対象としており、国債流通市場参加者をはじめ、資金ファンディングを目的とする参加者、そして金融取引に必要な国債担保を手当てする参加者など、すそ野の広い金融機関が市場を形成しています。

債券レポ取引のうち、銘柄を特定せず、主に資金取引を目的とした貸借取引はGC(General Collateral)レポ取引、債券の銘柄を特定した貸借取引はSC(Special Collateral)レポ取引と呼ばれています。GCレポ取引はコール市場をはじめとする他の短期金融市場と、SCレポ取引は債券の現物市場と密接に関係しています。

1996年の創設以降、債券レポ市場の規模は着実に拡大しており、2017(平成29)年には現金担保付債券貸借取引の市場残高は100兆円台、現先取引の市場残高は30兆円程度で推移しています(日本証券業協会の「債券貸借取引残高等状況」 、「公社債投資家別条件付売買(現先)月末残高」参照)。

このような市場規模の拡大に合わせて、T+2決済、マージンコール等によるリスク管理、RTGS決済など市場慣行の統一等の整備も行われてきました。さらには昨今、グローバル・スタンダードである「新現先取引」への一元化も進められています。

また、証券決済システム改革(DVP化、RTGS化、STP化など)の一環として、フェイル慣行の定着・見直しなどの市場環境の整備や、清算機関の利用促進、国債決済期間の短縮化(2018年5月にT+1決済へ移行する予定)等によるリスク管理の強化等も、市場全体で取り組んでいく課題とされています。

このような市場環境に対応すべく、当社では2015(平成27)年7月から債券レポの電子取引業務の取り扱いを開始いたしました。今後とも、お取引先からパフォーマンスの高い仲介業者として評価いただけるよう一段と陣容を強化し、債券レポ取引において、さらなる飛躍を目指していきます。

証券営業部

TEL:03-3270-2541